徒然なるままに

徒然なるままに、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくっていくブログ。

止まった世界

こないだガスが止まりました。

 

 

なんなら電気も止まってました。


就活で1週間ほど家を空けていたのですが、久々にうちに帰ってみたらライフラインが完全に停止してて一瞬文明開化前までタイムスリップしたのかと思いました。

 

まあほとんど家で過ごすことは無かったので自分が困ることはなかったのですが、毎週泊まりに来る友人が非常に困ってましたね。

 

電気もガスも止まって、ゴキブリも「こりゃあかんわ(^^;)」と踵を返すレベルで散らかった家でよく過ごせるなーと思いました。人住むってレベルじゃねーぞ

 

そんな何もかもが止まった家に住んでいた僕ですが、無事支払いを済ませ、文明的生活を取り戻すことができました。

 

しかしそんな安息も束の間

 

まさかね、「アレ」が止まるとは、その時僕は、思いもしませんでした。


僕、四月から急遽就活を始めたため割と忙しい日が続いてて、よくトーキョーさ行くんですね。

 

まあそれでトーキョーという街がですね、いなかっぺの私にはまるでRPGのダンジョンのように感じるくらい難しくってですね。

 

JRだと思ったら違う路線だったり違う改札だったり1階だと思ったら2階だったりちょっと早い電車乗ったら見当違いの場所に連れて行かれたりやっとのこと新宿駅から脱出したらまた目の前に新宿駅あったりと、もしゲームだったら速攻投げるレベルですよ。

 

まあ流石に三週も連続で来たら少し慣れてきたんですけどね。ゲームも三周もしたら慣れますし。
ですが、それでもなおスマホという攻略本なしではこの迷路のような街を攻略することは難しいです。

 

そんなわけで今回も面接を受けにトーキョーにきて、朝の5時半から夕方の17時半までの途方も無い時間をどう潰そうか虚ろに考えていると、急にSafariが動かなくなったんですよね。


あれー、おかしーなー、と思いつつも色々ラインとか試してみるとね、全部繋がらないんすよ。

 

 

 

 


あ、これスマホ止まってるわ

 


ってしばらくして気づきました。
そういや先月の料金、払っていなかったなと。

 

いやーーーー、参りましたよ、これは

 


よりによってこのタイミングか、と。
新宿に着いた途端にコレかと。

 

気持ち的には大海原に1人漂流したような気分でしたね。
大航海時代だって羅針盤無くしては訪れなかったわけで、道しるべなき大海は不安と絶望を僕にもたらしました。

 

ヤベェと思い藁にもすがる思いでサポートセンターに電話したら、営業時間外なので対応できません、ってなると思いきや、そもそも止まってるから繋がらないっていう。


藁にもすがることさえ許されなくなった僕は、ノンアポでセンパイの家に乗り込むというマザーテレサだってうんざりするような手段でなんとかその場を乗り切ることに成功しました。


つーか、スマホ1つ使えなくなるだけでここまで詰むって、どれだけ私たちの生活がこの小さな機械に依存してるのかってのを実感させられました。まあちょっと勉強になりましたね。代償としては全然釣り合ってないですけど。

 


その後は面接に向かう途中電車が止まったりで、こうもせわしなく動き続けるトーキョーという街で、なんで俺は電気もガスも電話も止まっているんだろうトーキョーの街並みを眺めながら唇を噛みしめるのでした。

 


よって今年度、私の目標は「アクティブ」です。
常に動き続け、新しいことに挑戦します。よろしくお願いします。