読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

徒然なるままに、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくっていくブログ。

承認ライフスタイル

私はいいねが欲しい。

私は肥大な承認欲求をもちながら生きている。
そのためSNSサイトにおける「いいね」は至極の喜びでもある。

しかし、いいねをもらおうとどうにか面白いことを書こうとするわけだが、いくらベストを尽くしても、イマイチ伸び悩んでいるのが現状だ。

私のなけなしの脳みそをひねり出して推敲を重ねたブログの記事よりも、可愛い女の子の「今日は久々にカフェで彼氏とランチ😉」とかいう投稿の方が三倍以上のいいねをもらえるのは、一体なぜなのか。

今回はその差は一体どのような点から生じるのかを考えてみたい。

①自撮りを載せる

いいねを多くもらっている可愛い女の子のインスタグラムには大抵、自身が写り込んでいる場合が多い。私としてはいいねが増えるどころかブロックされるのではないかとさえ思えるのだが、結果がある以上ためしてみる他ない。自撮りを載せるので、是非いいねしてね。
f:id:rubbish8118:20151208224154j:plain
サングラスは雑誌の付録です
因みにこの日は髪を切ったばかりです

②絵文字を使う😎

いいね👍を沢山🈵もらってる✨投稿📬は、大抵絵文字🌞が使われている😳
やはり気持ち♥️が伝わる⚡️分、よりいっそう↗️共感😌がもらえて、いいね👍をもらえる🎁のかもしれない🌚
いっぱい🌜絵文字🌛使ったので😤いいね👦ください😘
にしてもこの文✒️クソみたいに💩読みにくいね🌝

③なんかちょっと深イイことを言ってる

いいねを貰ってる投稿の一つに、なんかちょっといいこと言ってたりするものが少なくない。
改めて見てみるとちょっと身になることが書かれたりしていて、栄養素の全くないもやしみたいな私の記事とは全く異なるなあと感じた。

しかしそうして多くの人の投稿を見ていると、世の中には様々な人が存在している事が分かる。すると自分がどんな人間であるかを考えたりするわけだが、人それぞれの個性に良し悪しなんてあるのだろうかと疑問に感じた。人と違ってもいいじゃないか。生きるのに他人によく思われる必要なんてあるのだろうか。果たして、いいねをもらうことが本当に幸せなのだろうか。

他人にどう見られているかが気になって仕方が無いという人は世の中に少なからずいるだろう。人の評価を得ずには幸福を感じられなくて、他者の目線が気になり、息詰まった生活を送ってはいないだろうか。人から認められなければ自信の幸福を感じられなくなってはいないだろうか。
しかし幸福というのは相対的なものではなく、絶対的なものである。他人にどう思われようと、本人が外だけではなく、自身に目を向けるだけで、娯楽、成長、些細な日常からでも、幸せを見出すことができるはずだ。
あなたの人生は間違いなくあなただけのものだし、あなたの世界は間違いなくあなたを中心に回っているのだ。
あなたが幸せになろうと思うだけで、あなたの人生も世界も、幸せなものになりうるのだ。重要なのはあなたがどう見られているのかではなくて、あなたが世界をどう捉えているかなのだ。だからいいねを貰うよりも、いいねを与えていくことが、よく生きるためのメソッドであると言えるだろう。

だからこの記事にもいいねください。

④色恋沙汰が多い
やはり恋人と遊びに行った話や記念日などの投稿は沢山のいいねを得ているようにみえる。私もよく、惚気投稿にこの植えない憎しみを込めながらいいねを押している。
事実、私が今まで最もいいねを獲得した投稿は元カノとの記念日ツイートである。逆に今となってはそのいいねの多さがただただ虚しさを助長するだけであるが。
そろそろ色恋沙汰の投稿が多くなる季節だ。インスタグラムに投稿されるイルミネーションは私の目を焼き、ディズニーランドは私を悪夢の世界へと誘うだろう。皆が色恋沙汰でいいねを稼ぐ一方、私は何一つ投稿することもないまま、精神をズタズタに犯されるのだ。

f:id:rubbish8118:20151209144517j:plain
私の精一杯の色恋沙汰投稿
いいね数は19


まとめ

いかがだっただろう。多くのいいねを得ている人々の様々な特徴をまとめてみたわけだが、ここに挙げた以外にもたくさんの要因はあると思う。

しかし、その中でも私は、いいねを得ている人たちの最たる共通点を見つけた。


それはなんといっても、わりとみんな美男美女ということだ。


人間、やっぱり顔。

私は来世に期待します。おわり。