徒然なるままに

徒然なるままに、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくっていくブログ。

頭の中の消しゴム

どうも、頭のネジが「一本を残してだいたい抜けているようなそんな感じ」、スピーディかんのです。

何を隠そう、おそらく僕はいわゆる「天然ボケ」といわれる部類の人間だと思います。

自分で自分のことを天然ボケというとイタイやつだなあと思われるのでしょうが、これがホントにボケで天然ボケというより致命的ボケというか、いつかうっかり会社をつぶしたり世界を滅ぼしたりしちゃうんじゃないかと不安におもっています。

うっかりで世界も滅ぼされたんじゃたまったもんじゃないですよね。

名だたる世界を滅ぼそうとした悪役も「えぇ〜(^-^)」ってなっちゃいますよね。

というわけで魔王も真っ青な僕のボケっぷりなんですが、

なんといっても忘れ物が多い。

いつも忘れ物しすぎて「忘れ物してないかな〜」という心配よりは「あんま重要じゃないものを忘れてるといいな〜」というように忘れ物をしないという事を諦めたスタンスで心配するようになってきました。

それでもなお県外に遠征に行く時に財布を忘れたりとほんと救い用がないんですけどね。

文句無しで「忘れてはいけないものベスト3」にランクインするであろう財布を忘れるこのポンコツぶりですよ。

ちなみに財布とあと忘れていけないものは「感謝の気持ち」と「少年の心」です。

そんな感じでかなり抜けているところが多い僕なんですが、それもやはり今に始まった話でもなく。

先日中学校の頃使ってた教科書を見つけたんですけど。

「さんきちはおっちょこちょい」ということを書きたかったんでしょうが、「さんきちはおっちょちょい」って書いてあって。

それはお前だろって。おっちょちょいはお前だろって。

うっかり車に「さんちき」と彫ってしまったさんきちにも鼻で笑われそうな僕なんですけど、これから四日間部活で北海道に行きます。

僕としては始めて本州を出るわけでワクワクドキドキの旅なんですけど。

なにに一番ドキドキするかっつったら「何を忘れてきたか」なんですよね。

本州を出ての4泊5日の旅、このおっちょちょいの僕が忘れ物をしないわけがない。

もう祈るばかりですよ。「どうか大切なものは忘れていませんように」って。

衣装とか忘れたらもうとんでもないっすよ。何しに北海道までいったんだよって。

海鮮丼くいに?ジンギスカンくいに?まあそれはそれで楽しそうではあるけど。おっちょちょいなりに北海道は満喫できているわけだけど。

だから荷造りは慎重にしたかったんですけど。

あれ、なかなか始められないんすよね。

まず部屋が狭いし汚いしでキャリーケース開けないし、気づいたら漫画読んでるし。

スピーディじゃない。全く。

作業も中断中断で進むので「あれ、アレ入れたっけ?」の繰り返し。ひたすらふりだしに戻る。

そんなこんなで、忘れ物をしっかりするわけです。

というわけで今「ああ、スリッパを忘れたなあ」と思いながら今この記事を書いている次第でございます。

皆さんも忘れ物には気をつけましょう。

おしまい